声や滑舌の衰えを感じる人に

「のど活」で老化防止!

喉は「食べる、飲む、話す、呼吸する」と生きる上で大きな役割を担っています。

しかし、年齢を重ねるうちに発声や発音に使う筋肉が落ちてくるため「音域が狭くなってきた」「滑舌が悪くなる」など、喉の老化が現れ始めます。そして、衰えてきた喉を放置しておくと日本人の死亡原因第3位の肺炎、特に誤嚥性肺炎を引き起こすリスクが高まっていきます。
誤嚥性肺炎を防ぐためには、喉周辺の筋肉を鍛えて飲み込む力を高めることがもっとも

効果的です。つまり、正しく声を出し若々しい声を取り戻すことが飲み込む力を鍛える事にも繋がるのです。さらに横隔膜を使いお腹から呼吸することで効率的に無駄なく呼吸・発声できるようになります。表情筋を動かし全身を使って声を出すため、アンチエイジングやストレス解消にも繋がります!


・最近よく聞き返されるようになった
・食事中にむせることが多くなった
・咳払いが増えた気がする
・たんがよく溜まるようになった
・いつまでも若々しい声でいたい
・内面からアンチエイジングに取り組みたい
・朗読や読み聞かせを楽しみたい


 そんなあなたに「のど活」!

    ホーム・施設でのアクティビティプログラムの企画・ご提案。

​    お気軽にお問い合わせ下さい。

●ご利用者様の様子や施設様のご希望をうかがい、プログラム内容をご提案

   させていただきます。

   ※参加人数・講習時間によって料金が変わります。

●単発のお試し開催・定期開催も実施いたします。

​   アナウンサー・司会業など、プロの喋り手による丁寧なレッスンをご提供します。

contact us

​お問い合わせ、ご質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。